助成事業

助成事業の概要

愛知県の農業者等の組織する団体及び公共団体が行う、愛知県の農業・農村の振興を図るための創意工夫ある取り組みや活動に対して助成しています。
助成事業の対象となる事業に助成を受けようとする団体は、次の期日までに交付申請書を提出してください。
(必ず事前相談をお願いします。)

助成金の枠

45,000千円(令和2年度、前年度と同額)

交付申請締切日程

  • 第1回締切 令和2年4月10日(金)
  • 第2回締切 令和2年7月10日(金)
  • 第3回締切 令和2年10月9日(金)
  • 第4回締切 令和3年3月8日(金)

※ 助成金が満額に達した段階で応募を終了します。

助成事業の概要

助成事業の種類

農業・農村調査事業
農業・農村調査事業

産学官共同チーム(大学、農業団体、民間企業、NPO、県等)が行う、農業を取り巻く環境の変化が農業・農村に及ぼす影響を調査し、今後の農業振興の方策を明らかにする研究に要する経費に対して助成します。

担い手育成事業
担い手育成事業

農業後継者のグループ、農業者等の組織する団体、公共団体が行う、経営管理能力や新規参入者等の生産・販売技術等を養うための農業法人等への研修等に要する経費に対して助成します。

新農業ビジネスモデル推進事業
新農業ビジネスモデル推進事業

農業者等の組織する団体が行う、新規産品による産地振興や輸出を含めた6次産業化の取組など農業の新しいビジネスモデルの開発に要する経費に対して助成します。

安全・良質農産物安定供給事業
安全・良質農産物安定供給事業

農業者の組織する団体が行う、安全かつ良質な農産物の安定供給に資する事業に要する経費に対して助成します。

  • 新品種、新技術の栽培展示及び調査
  • 農業器資材の適合性調査(分析・診断を含む)
  • 青果物の残留農薬分析、畜産物の抗生物質・細菌等の検査、農家・消費者への情報の提供等
園芸優良種苗供給事業
園芸優良種苗供給事業

農業者の組織する団体が行う、園芸優良種苗(いちご、ふき、じねんじょ)の生産供給、生産指導などに要する経費に対して助成します。

農業理解促進事業
農業理解促進事業

農業者等の組織する団体、公共団体が行う、愛知県の農業に対する県民等の理解を深めるための広報資料の作成・配布、農作業体験活動、「いいともあいち運動」と連動した県産農産物のPR等の取組に要する経費に対して助成します。

直売所の交流&感動拠点化プロジェクト推進事業
直売所の交流&感動拠点化プロジェクト推進事業

農業者等の組織する団体、公共団体が行う、直売所を核とした農業理解促進を強化するための取組等に要する経費に対して助成します。

申請手続きの流れ

STEP01助成事業の公募

当ホームページで、助成対象となる事業及び助成率・申請方法等を公表します。

STEP02助成金交付申請

助成金交付申請

*申請締切:第1回4月上旬、第2回7月上旬、第3回10月上旬、第4回1月上旬

STEP03運営委員会で申請書類を審査

*締切日以降で運営委員会開催までに着手する必要がある場合、交付決定前着手届(様式第9号)

STEP04助成金交付決定

助成金交付決定

*申請の取り下げを行う場合は、交付決定起算15日以内

STEP05助成金交付決定後に事業内容及び経費等を変更する場合

助成金交付決定後に事業内容及び経費等を変更する場合

STEP06期間内に事業が完了しない場合

期間内に事業が完了しない場合

STEP07検査等

必要に応じて行います。

検査等

STEP08事業実績報告

事業終了後1か月以内または年度末日の早い方までに助成金交付請求します。

事業実績報告

STEP09助成金の交付

事業完了後、助成金を交付いたします。

助成金の交付

STEP10運営委員会に事業実績を報告

STEP11事情変化による決定の取り消し(天災地変その他)

業務規程第13条によります。

STEP12交付決定の取り消し、助成金の返還

業務規程第19条~20条によります。